病気になる患者は増加している、休養をしよう

カウンセリング

うつ病のサイン

うつ病のサインと治療について

うつ病はストレスの多い現代社会に於いて特別な人だけがかかる病ではありません。誰でもがなり得るメジャーな病の一つとなりつつあります。うつ病と診断される主な症状としてあげられるのは、「眠れない」「気分が重い、どんよりしている」「食欲がない」など心のみならず身体にも症状が現れるのが特徴です。精神的、身体的ストレスが重なり脳の動きが弱まり、結果、何に対しても否定的に考えるようになり自分がダメな人間だと思い込んでしまうのです。うつ病の治療には、抗うつ薬を使用する療法が一般的ですが、症状に合わせて安定剤や睡眠薬を併用する場合もあります。最近では、うつ病は広く認知されうつ病人口も増加傾向にある為その治療についても日々前進しています。治療の専門機関として精神科や心療内科もありますが、身近に相談できるセラピストも増えているのでうつ病の早期発見と治療のアドバイスを受けることが出来ます。

そうならないためには

ストレス社会の現代においてうつ病を予防することはとても難しいことです。知らず知らずのうちにうつ病にかかっている人も3人に1人の割合だと言われています。うつ病を予防するには、ストレスをためないようにすることが一番ですが、仕事をしていればそれは不可能に近いです。他人と関わりを持たなければならなかったり、やりたくない仕事をしなければならなかったりと心のおもりが段々と重くなってきます。一人で抱えきれなくなる前に、専門機関を受診したり心の専門家のセラピストに相談したり誰かに心の内を話すべきです。そして、できることなら長期間休養をとるかストレスの元となる仕事を変えることが必要です。うつ病は診断から回復まで時間を要しますが、必ず治る病です。頑張りすぎた人は頑張らないことがキーワードとなります。

心の病にかかってしまった場合にはどこに行けばいいのか

自分がうつ病にかかっているのではと自覚した際、治療を行うにはどこに行けば良いのか悩むことも少なくありません。 心の病に関する医療機関は様々な種類があり、不慣れな人にとって判断は簡単なことではありません。 最近では心と体の両方から病気を診断するし、治療を行う心療内科が増えています。 しかし、心療内科ならどこでも良いというわけではありません。 うつ病の治療をうまく成功させてくれるかどうかは良い病院を選択できるかどうかによっても大きく違ってきます。 一番重要なのは通学や通勤の途中など通いやすい場所を選ぶということです。 うつ病の治療はすぐに終わるというわけではなく、ある程度の期間通院することとなりますので注意が必要です。 かかりつけの医者がいるという場合には紹介してもらうというのも有効な手段です。

うつ病で心療内科に通う際にかかる費用

うつ病の治療を行う場所として一般的になった心療内科ですが、いざ通うとなるとどれぐらいの費用がかかるのかというのは誰もが心配になることです。 病気の治療を行う際には何らかの施術を行ったり薬を処方してもらったりする場合には高額になることが予想されます。 うつ病の治療の場合、初診であれば抗うつ剤や睡眠薬を処方されることが多いので3000円程度の費用がかかることが多くなります。 うつ病の治療を行う際には健康保険が適用されますので、それほど高額な医療費を支払う必要はありません。 2回目以降の通院の際には初診よりも少し安くなり、同じように薬を処方されて2000円程度の支払いになります。 ただし、診断書が必要という場合にはそこから更に2000円〜3000円多くかかることを覚悟しないといけません。