病気になる患者は増加している、休養をしよう

カウンセリング

注意点

うつ病治療の注意点について

うつ病は心療内科で定期的に診察を受け、お薬を処方してもらって治療するのが一般的です。 通常は2週間ぐらいに一度、心療内科での診察を受けます。お薬の効果を確かめ、治療方法に役立てるのです。特に薬物療法は医師の注意点をよく聞いて正しくお薬を飲むことが大切です。 うつ病に処方される薬としては抗うつ薬や精神安定剤などの薬で抗精神薬と呼ばれる薬です。最近の薬は依存性が低く、長期間飲んでも安全なものが多いですが、使い方を誤ると症状が悪化することあるので注意が必要です。 精神的に不安定だとアルコールを飲む人もいますが、薬を飲む前後にアルコールは飲まないほうが良いのです。 また、症状が無くなったからと言って医者に相談せずに勝手に薬を飲むことを辞めてしまうのもよくありません。必ず医者の指示に従う必要があります。

精神疾患への新しい取り組み

うつ病だけでなくパニック障害などの精神疾患は薬による治療が一般的ではありますが、最近ではそれ以外の治療方法も注目されています。 特に認知行動療法などはその典型です。 薬によって症状を改善することは可能ですが、再発することが多いのもうつ病の特徴です。 うつ病の原因としてはストレスなどがありますが、そのストレスとどのように付き合っていくのかが大切です。認知行動療法はそのようなストレスのとらえ方に焦点を当てます。つまり、物事をどのように認知するのかが大切で、その訓練をするのが認知行動療法です。 最近ではスマートフォンのアプリにも認知行動療法のアプリがあるようですが、一番良い方法はカウンセラーを利用することです。